私たちの建てた家

ご入居宅訪問レポート

金山町 I様邸

美しく時を重ねる金山型住宅 ― そば打ち名人のご主人の趣味の部屋が光る住まい ―

高床式の部分を、プロ顔負けの手打ちそばを趣味とするご主人のそば打ち部屋と書斎として活用した住まい。
今回は金山町・I様のお宅にお邪魔しました。


「社長の家づくりの哲学に惚れたんだよ。」と旦那様。
以前の家は築30年。すきま風だらけで冬寒く、夏暑い。このままじゃ部屋の間の温度差も激しく、脳卒中で倒れるんじゃないかという心配もあり、家づくりについてコツコツ勉強されていたというI様。

10年間考えに考えた間取り図は、A3のグラフ用紙100枚綴り3冊にものぼるそう!!
そんな中、一冊の本との出会いがあり、その本には二重通気のことが書いてあり、「“住宅革命”だ!」と思ったというご主人。さっそく四季の住まいにお電話してくださったそうです。  


実際に住んでみては?の問いに、「なんといっても木の家はいいね。それに最高の快適さ。」「夜中にトイレに起きても足が冷たくないんです。前の家の時はスリッパを履いても足が冷えて一度起きてしまうとなかなか眠れなかった。今ははだしで歩いても冷たくならないので、すぐにぐっすり眠れるんです。」と奥様。 「社長の家づくりの考え方が素晴らしい!毎年来てくれるアフターサービスもいいね。」とご主人ご自慢の手打ちそばや揚げそば(最高に美味しかった!!)、山菜汁などをご馳走していただき、とても楽しいひとときを過ごさせていただきました^^

I様、ありがとうございました!



>> ご入居宅訪問一覧へ戻る