私たちの建てた家

ご入居宅訪問レポート

東根市 S様邸

自然素材をふんだんに取り入れたこだわりの住まい - 家族の笑顔がいっぱい見える家 -


冬の晴れ間に白壁が眩しくキラキラと輝く佇まい。古民家風にデザインされた落ち着きのある住まい。ウッドデッキには、トップライト(天窓)からの陽ざしがやさしい。 今回は東根市S様宅にお伺いしました。

白塗りの壁に濃茶色の柱梁が重厚感を感じさせてくれます。玄関に入ると一転して、自然でやわらかく明るい空間が広がります。ホール正面には珪藻土で仕上げられた壁に飾棚(ニッチ)がお客様を迎えてくれます。そして、ホールからリビング、ダイニング、キッチンまで仕切りのない全面栗ムク材のワンフロアです。畳コーナーの引戸を全開すると約26帖超の大空間!!リビングルームの吹抜けとスチール手摺のスリット階段で、さらに開放的な大空間が広がって気持ちいいですね。


●お住まいを建てるきっかけは?
前住居は築40年の木造で、とにかく冬寒く廊下や台所は吐く息が白くなるほどでした。以前から外断熱・二重通気のソーラーサーキット工法に興味があり、建てるときは「これしかない!」と決めていました。子供が生まれたことをきっかけに、四季の住まいの見学会で暖かさを体感したことで、ここで建てようと決意しました。

●お住まいを選んだ理由は?
冬暖かく、夏も涼しいソーラーサーキット工法に惚れたこと。そして、実際に建てた家を見て、自然素材と暖かさを肌で感じて確信しました。

●お住まいのこだわりは?
外観は、古民家(民芸)調和風のデザイン。内装も和の雰囲気を出しながら、自然素材のナチュラルな明るさにこだわりました。そして、いつも家族が集まるところは広々と開放感を感じながら、和室も本格的にしっかり造りたかった!とご主人。 まさに、その通りになって本当に満足です!とお二人からの最高のお言葉。

●お気に入りの場所は?
何といってもキッチンに居ながら子供の動きがいつも見えるのが良かった!そして、食品庫を造ったことでキッチンはいつもスッキリと片付いてうれしい!と奥様。あと、冬でも洗濯物が乾いて本当にうれしい!と笑顔。 また、独立した二間の和室をつなぐ少し広めの広縁がすごく便利なんです、とご主人。そして、少し上を見上げながら「吹抜けの窓から見える青空や雲が気持ちいいんですよ~」と、その言葉通り冬の空は空気が澄んでいて本当に気持ち良かったですね!「夏にはリビングの両開き窓を全開してウッドデッキで夕涼みできるんです!」と満面の笑みのご主人。そんなご家族の笑顔が本当に印象的でした。

●これから住まいを建てる方へのメッセージ
最後に、これから住まいを建てる方へのメッセージをいただきました。
「自分たちのイメージやこだわりを伝えられるよう、依頼先と何度もやりとりを重ねることが大切です!」との一言。私たちも、皆様の夢をかなえられるよう頑張ります!!  

ご家族の笑顔がすてきなS様邸で心温まるひと時を過ごさせていただきました。
ご協力ありがとうございました!



>> ご入居宅訪問一覧へ戻る