私たちの建てた家

ご入居宅訪問レポート

山形市 H様邸 (2016年12月完成)

子供と一緒に成長できる健康的な住まい


●家づくりのきっかけはなんですか?
 「息子が祖母の家へ遊びに行き、そこで四季の住まいの見学会案内チラシを見つけ『行きたい!』と声をあげたのがきっかけでした。私達は仕事のため、息子は祖母と妹家族と見にいったのですが、仕事が終わり帰宅すると『良い建物だったよ!』と。そこから家づくりの計画がスタートしました。

 最初は建売の購入を検討していたのですが、部屋数やタンス置き場など変更したい点が多く出てきたため土地から求め自分たちの希望を反映した家を建てることにしました。」


●住み心地はいかがですか?
 「前に住んでいたアパートは割と新しく気密性も高かったのですが、それでも冬場はストーブの周りに集まるような家でした。今回は冷暖房器具としてエアコンをとりつけましたが、『エアコンだけで本当に暖かくなるのかな…』というのが正直な本音でした。実際にひと冬を過ごしましたが、その暖かさはとても快適でした。
 また、ご近所さんとのお付き合いも楽しく、子供から目を離しても安心できる地域性が気に入っています。 年齢学年関係なく友達となり、みんなで遊びまわる光景がとても微笑ましいです。以前住んでいたアパートでは早起きが苦手な息子でしたが、今では朝日を浴び気持ちよく起きてくるようになりました。」



●こだわったところは?
 「小上がり和室の床の間・地窓、LDKの化粧梁はこだわった部分です。特に床の間には兜人形を飾りたかったので寸法を合わせ、上部には神棚を設けました。設計の徳正さんにもいくつか提案していただき、その中でもリビング上部に設けた横長の窓は一番のお気に入りです。キッチンに立った時ちょうどその窓から満開の桜が楽しめるんです!電柱も電線もかからない一枚絵のようなその立派な窓はこの時期キッチンに立つのを楽しませてくれます。
 その他にも階段下のスペースを活用した玄関収納や2階ホールに設けた納戸のレイアウトなども使いやすいように提案して下さったので嬉しかったです。」




●家づくりを振り返っての思い出は?
 「最初に息子が建物を見学してから半年で家が完成しました。イメージしている家づくりの情報を事前に集め、それをもとに打ち合わせを進めていくことでサクサク決まっていきました。自分達の頭の中のイメージがどんどん形となっていくのがとても楽しかったです。見学会に足を運び、そこから得たヒントもたくさんありました。子供と一緒に成長できる健康的な住まいに大満足です!」



>> ご入居宅訪問一覧へ戻る